伊東温泉 20L

【伊豆伊東温泉 ケイズハウス伊東温泉20L】カルシウム・ナトリウム-塩化物温泉。適応症は、きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症ほか。

通常価格 ¥5,940

(税込) 配送料は無料です(沖縄は別途加算)

平安時代の開湯とされ、本州一の湧出量を誇ります。徳川将軍家の献上湯として知られ、数多くの文人や芸術家にも愛されてきた全国屈指の名湯です。


※「代金引換」のご利用はできません。
※沖縄へのお届けは「個数 × 2,000円」が別途送料として必要となります。

温泉分析書 ほか

温泉分析書
温泉分析書
利用上の注意
利用上の注意
経営革新計画に係る承認について
箱を運ぶ際は側面の取っ手穴を利用ください。
ボックスより蓋を取り出します。
蓋を持ち上げて取り出し、コックを取り付けます。
コックが閉められ、温泉水が出ない状態か確認してください。
コックが横から出るようにします。浴槽の縁や蓋に置きます。コックを開けると注入ができます。
10Lで4分程度かかります。最後は箱を傾けて出し切ってください 。

おうち温泉・自宅温泉のご利用例

一般的な利用方法をご紹介します。
 

[ 全身浴 ]

使用量:お好みの必要量にあわせて1L(リットル)から最大容量(10L/20L)までコックで調整してください。
・リラックスしたい時:ややぬるめ(37~39度)にすることで副交感神経を活発にし、リラックス効果が得られます。時間は30分程度
・爽快感を味わいたい時:熱めのお湯(41度程度)にすることで交感神経が活性化され、爽快感が得られます。時間は10分程度までにしてください。
 

[ 半身浴 ]

使用量:全身浴の半分程度でご利用ください。
血行を良くし免疫力が高まります。
温度:37~39度 入浴時間:30分程度にしてください。
 

[ 足湯 ]

温泉水とお湯を1対1から1対2の割合にして足湯用バケツや桶に入れます。手軽に利用でき冷え性などに効果があります。 湯温は熱め(40~42度)で時間は10~20分程度をおすすめします。

泉質と効能

泉 質: カルシウム・ナトリウム-塩化物温泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)
pH値: 7.8
効 能: きりきず、慢性皮膚病、関節痛、冷え性
 

【一般的適応症】

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔症、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
 

【泉質別適応症(浴用)】

きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病
 

【使用上のご注意・免責事項】

(1)お届けする温泉水は飲用を避け、浴用としてお使いください。
(2)温泉入浴は各温泉の禁忌症を参考に体調に合わせた時間、方法にてご利用ください。
(3)天然の温泉成分により、浴槽金属にサビがでたり、貴金属(アクセサリー)、大理石、タイルの目地などが変色したりすることがありますので貴金属は外してから入浴してください。
(4)温泉に入浴中または入浴後にお身体の異常が生じた場合は直ちに入浴を中止して医師にご相談ください。
(5)温泉のお湯で洗濯はできません。
(6)残り湯を放置すると浴槽に色がついたりざらついたりすることがありますので、使用後はすぐにお湯を抜き、浴槽周辺や風呂釜内部、循環孔のフィルターなどをよく水洗いしてください。
(7)お届けする温泉は、推奨量で希釈した場合、浴槽や追い焚きの配管への影響は殆どありません。浴槽や配管は通常の使用でも汚れの蓄積や劣化をしていますので、不都合が生じても免責事項とさせていただきます。
(8)溶け込んでいる温泉成分が析出し沈殿することがありますが、品質には問題ありませんので安心してご利用ください。また天然温泉を採取しているため、稀に配管に析出した温泉成分、砂などが混入する場合がありますのでその際はご了承ください。
(9)浴室内の換気には十分ご注意ください。
推奨量:一般的な浴槽(200リットル)に対し、目安として10リットルから最大40リットルまで投入し希釈してご利用ください。
使用期限:到着日より1週間以内を目安にご使用ください。開封後はできるだけ早く使い切ってください。

[本体の寸法]
バッグインボックス(BIB)
コンパクトでスペースをとらず持ち運びにも便利です。
使用後は外箱(ダンボールは資源ゴミとして)と内袋を分別し破棄することができます。
※破棄方法は各自治体にご相談ください。

20 リットル:W 横 30.5cm × W 縦30.5cm × H 高 30.0cm

[素材]
外箱:ダンボール
内袋:ポリエチレン製


【販売元】
伊豆 伊東温泉 ケイズハウス伊東温泉(旧いな葉旅館)
静岡県伊東市東松原町12-13
TEL 0557-35-9444

お届けする源泉湯元のご紹介
「ケイズハウス伊東温泉」

伊東温泉の歴史は古く、平安時代にはすでに開湯していたと言われています。

江戸時代には徳川将軍家の献上湯として知られた名湯です。
現在は毎分約3万リットルの湧出湯量を誇る人気の温泉地として全国各地から多くの観光客が訪れています。
さらりとしたお肌に優しい泉質のため、体への刺激が少なく小さなお子様から年配の方まで多くの人たちが楽しむことができます。保湿効果が高く、肌がスベスベになって癒されると評判です。

伊豆・伊東温泉・築100年の国の登録有形文化財旧いな葉旅館が2010年ケイズハウス伊東温泉(K's House Ito Onsen)として生まれ変わりました。
ケイズハウス伊東温泉はシンプルで安価な旅を提供するセルフサービス主体の素泊り宿泊施設(ゲストハウス/ホステル)です。
趣のある建物と毎分100リットルを超える自家源泉かけ流しの温泉が日本人はもちろん海外からのお客者にも大人気の国際色豊かな宿泊施設です。
隣接する文化施設東海館と並び市内に現存する大正時代の大型建造物として伊豆の貴重な財産でもあります。

館内全域高速Wifi完備・眺めの良い広々としたラウンジはテレワーク、リモートワークに最適です。 お食事の提供はございませんが隣接する繁華街には数多くの飲食店がございます。また館内に自炊可能なキッチンが設備されています。